てんかん治療薬のラメズは、発作を予防することが出来ます。てんかんの発作の症状はいろいろありますが、事前に発作を防げるように治療薬のラメズについて紹介します。

ラメズとうつ病予防

スプーンに上にあるカプセル

ラメズは、ラモトリギンを主成分としたジェネリック医薬品であり、てんかん発作の抑制に効果のある抗てんかん薬です。
てんかんとは、身体が硬直したり痙攣したり意識を失うなどの発作を繰り返すのが特徴ですが、その原因は、脳の神経細胞が異常に興奮した状態になるためです。
ラメズには、その興奮を抑える働きがあるのです。
しかし、ラメズはてんかん以外にも、双極性障害の躁うつの症状にも効果があると知られています。

双極性障害とは、ハイテンションで活動的な躁状態と、憂鬱で気分が落ち込んだうつ状態を、交互に繰り返すという感情の起伏が激しい状態が特徴です。
双極性障害はかつて「躁うつ病」と呼ばれていたので、うつ病の一種と誤解されやすいですが、うつ病ではありません。
そして、ラメズは双極性障害に効果のある治療薬なのです。
双極性障害には2つのタイプが存在します。
I型と呼ばれるものは、躁状態とうつ状態の感情の起伏が激しいのが特徴であり、II型と呼ばれるものは、躁状態とうつ状態を繰り返しますが、I型ほど感情の起伏が激しくないのが特徴です。

ただし、うつ状態が長いので、軽い躁状態が現れると回復したと勘違いされやすいです。
双極性障害は躁状態とうつ状態の両方の治療を行う必要がありますが、ラメズはその両方に効果を発揮します。
というのも、ラメズには、脳の神経細胞の異常に興奮した状態を、鎮静化する働きがあるためです。
その働きが、躁うつ症状の再発を抑える気分安定薬として効果を発揮するというわです。

ただし、服用する際は、めまいや眠気や頭痛や発熱などの副作用が現れる恐れもあるので注意が必要です。
もし身体に異変を感じたら、直ちに医師の診察を受けるようにしましょう。

関連記事