てんかん治療薬のラメズは、発作を予防することが出来ます。てんかんの発作の症状はいろいろありますが、事前に発作を防げるように治療薬のラメズについて紹介します。

  • ホーム
  • ラメズとタイプ別てんかん

ラメズとタイプ別てんかん

カプセルを持っている人

ラメズとは、てんかん発作や双極性障害のうつ症状に効果を発揮するジェネリック医薬品です。
てんかんは、脳の神経細胞が何らかの理由によって電気的な興奮状態になることであり、それによって、意識障害や痙攣を始めとする様々な症状が発作として現れます。
ラメズは他の抗てんかん薬と同じように、脳の神経細胞に対する電気的な興奮を抑える働きがあるため、てんかん発作を抑える効果があるのです。

しかし、てんかん発作には様々な種類が存在しています。
その中でも、ラメズが適用するてんかん発作のタイプは、部分発作と、全般発作の中の強直間代発作、そしてレノックス・ガストー症候群です。
そもそもてんかん発作は、部分発作と全般発作に分けられ、部分発作は過剰な電気的興奮が脳の一部で発生するものですが、これはさらに、単純部分発作と複雑部分発作に分けられます。

単純部分発作は、吐き気や頭痛などの自律神経の障害や痙攣などの運動障害が見られます。
そして、複雑部分発作は意識が遠のいていく意識障害を伴うため、例えば口をもぐもぐさせるような意味のない動作を繰り返す自動症や、急に動きが止まってボンヤリする意識減損発作などが見られます。

そして、全般発作は大脳の広い範囲で興奮状態になるもので、全身を痙攣させて意識がもうろうとなる強直間代発作や、急に体の力が抜ける脱力発作や、数十秒間意識が無くなる欠伸発作や、身体がビクッとなるミオクロニー発作などが存在しますが、その中でラメズが適用されるのは強直間代発作だけです。
このように、てんかんには様々な種類が存在しますし、副作用も考えられるので、医師の指示のもとで、用法用量をきちんと守って服用することが大切です。

サイト内検索
最近の投稿
    アーカイブ