てんかん治療薬のラメズは、発作を予防することが出来ます。てんかんの発作の症状はいろいろありますが、事前に発作を防げるように治療薬のラメズについて紹介します。

  • ホーム
  • ラメズの効果と赤ちゃんに与える影響の割合

ラメズの効果と赤ちゃんに与える影響の割合

患者と話している医者

ラメズはてんかんの発作の中でも部分発作に対して高い効果を発揮する薬です。
有効成分はラモトリギンでナトリウムチャンネルを抑制することで、神経膜を安定させ、興奮性神経伝達物質の遊離を抑え、抗痙攣薬として作用します。

てんかんの部分発作に使われますが、大発作や全般発作などには効果がないというわけではありません。
一定の効果はありますが、他の抗てんかん薬と併用することが多いです。
また脳神経の興奮状態を抑制する働きがあるため、躁うつ病の治療にも処方されることがあります。

使用するときは1日1回25mgを2週間服用してみてこれで症状が改善されないようであれば、少しずつ量を増やしていきます。
最大で400mgまで増やすことができますが、増量する場合は1週間以上の間隔を空ける必要があります。

この薬はてんかん治療薬であるラミクタールのジェネリック医薬品です。
成分がラミクタールと同一で同じ効果があるうえに、価格的にも安価です。
ただこの薬は国内では医薬品医療機器等法の規制により未承認医薬品という扱いになっています。
そのため一般的な薬局では販売されていません。
そのため入手するためには個人輸入などの手段をとる必要があります。
ラミクタールジェネリックはネット総合病院で買えます
ネットの総合病院は日本語で運用されている輸入仲介サイトですので英語が苦手な方でも簡単に買うことができます。

ラメズの副作用としてどのようなものがあるでしょうか。
昼間に意識が遠くなって眠気を感じたり、発疹などができることがあります。
授乳期の赤ちゃんを育てながらこの薬を服用するとしている場合、母乳をとおして赤ちゃんの体内に入ってしまう可能性があります。
服用すると薬の半分が体外に排出されるまでの時間は30時間と比較的長い時間がかかります。
赤ちゃんに影響を与える割合は少ないとされていますが、注意したほうがよいことに変わりはありません。

関連記事